脂肪吸引して念願のサイズダウン|切る施術と切らない施術の違い

痩せたい部分に最適美ボディは脂肪吸引から

美容医療の整形

カウンセリング

最新の脂肪吸引では独自の特殊な先端部の針の振動により、皮下組織や血管を傷つけることなく、脂肪を吸引することが可能です。内出血や痛みもありません。体の負担は少なく術後の回復が早くなりました。吸引後はたるんだ皮膚を引き締めてリフトアップします。

詳細へ

ダイエットができる整形

整形治療

脂肪が落ちる

いくら頑張ってダイエットをしても痩せない、ダイエットしたくても運動する時間がないという人には、脂肪吸引がおすすめです。脂肪吸引は美容外科または美容皮膚科で受けることができる美容整形です。脂肪吸引は、カニューレという細い管を体に挿入して、脂肪細胞を取り除く外科手術が一般的です。ダイエットでも落ちにくいセルライト脂肪も、カニューレで吸い取ることで落とすことができます。身体を切開しなくてもできる切らない脂肪吸引が、「脂肪溶解注射」です。脂肪溶解注射はメソセラピーとも呼ばれています。脂肪細胞を分解することができる薬液を、注射器で皮下脂肪に注入するだけの治療です。普通の脂肪吸引は切開と縫合があるので、傷跡が残ります。また、ダウタイムが長く、回復するまでに長い時間を要します。しかし、脂肪溶解注射は注射一本打つだけなので、とても気軽にできます。2週間〜3週間ぐらいの間隔をあけて何回か注射をすれば、脂肪吸引をしたのと同じくらいサイズダウンすることができます。

最新のベイザーリポ

脂肪吸引手術を美容外科で受ける場合、どんな手術なのか事前に確認しておくことが大切です。普通の脂肪吸引の場合は、医師のスキルやセンスがとても重要になってきます。カニューレで脂肪を綺麗に吸い取るには、職人技のような高度な技術がいるからです。必ず症例数が多く、過去に医療事故の経験のない医師の元で手術をすることをお勧めします。最新の脂肪吸引の場合は、それほど医師の技術に左右されないで綺麗に脂肪を落とせます。最新の脂肪吸引をベイザーリポと言います。ベイザーリポは、従来の手術と比べると痛みが少ない、脂肪が沢山取れる、凸凹にならない、皮膚が引き締まる、ダウンタイムが短いなどのメリットがあります。ベイザーリポでは、ベイザー波をあらかじめ照射して脂肪細胞を血管や神経や筋肉などから引き離しておきます。そうすると混じりっ気のない純度が高い脂肪細胞が取れます。普通の脂肪吸引で取れる脂肪細胞は約70%程度なのに対し、ベイザーリポなら90%以上の脂肪細胞を取ることができます。

手術の種類と手術の流れ

ビキニの女性

脂肪吸引をすれば、落ちにくい部分についた脂肪もカニューレで吸引してなくすことができます。ベイザーリポやボディージェット脂肪吸引なら一度に沢山の脂肪細胞が取れて、痛み、出血、腫れ、ダウンタイムが最小限で済みます。

詳細へ

ダイエットとの違いと傾向

体重計に乗る人

脂肪吸引は特定の部位の脂肪を取り出して理想的なプロポーションを得るのに効果的な美容整形です。ダイエットのようにリバウンドがありません。最近の傾向では、豊胸手術の脂肪注入法と一緒になって行われることも多くなりました。

詳細へ